知的財産ライセンス

lisence

知的財産ライセンス
「KAATSU」「加圧トレーニング」には、その手法や用語、器具、商標など様々な分野において、世界各国で特許や商標登録が取得されており、世界各国でその権利が保護されています。
2011年には米国著作権法に基づく加圧トレーニングの著作権申請が受理され、加圧トレーニングに対して、方法論をはじめとする包括的な内容について、知的財産権が保護されています。

KAATSU JAPAN株式会社のライセンスを取得することなく加圧トレーニングを実施した場合、有償無償を問わず、権利の侵害となります。
また、KAATSUに関連、あるいはKAATSUが連想される、表現、手法、行為、効果などは、全て知財権の保護の対象となります。

加圧(KAATSU)トレーニングの法的権利に関する重要なお知らせ

KAATSU JAPAN株式会社
最高経営責任者CEO
医学博士 佐藤義昭
TMI総合法律事務所
弁護士 宮下正彦

加圧(KAATSU)トレーニングの発明者である佐藤義昭先生(以下、「佐藤先生」といいます。)及びKAATSU JAPAN株式会社を含む佐藤先生が率いる各企業(以下、当該各企業及び佐藤先生を総称して、「当グループ」といいます。)は、加圧(KAATSU)トレーニングについて、下記のとおり、知的財産権その他の多岐にわたる権利、利益を有しております。これらの権利や利益の侵害は、損害賠償請求や差止請求などの民事上の法的措置の対象となるばかりでなく、刑罰等、刑事上の法的措置の対象ともなりうるものですので、かかる侵害を行うことがないよう、下記の説明文をよくお読み頂き、十分にご理解頂きますようお願い申し上げます。当グループは、当グループの権利、利益の第三者による侵害の有無について日頃から継続した調査を行っており、侵害が判明し次第、侵害者に対してあらゆる法的措置を採っていく所存ですので、その旨予めお伝え致します。

特許権
当グループは、日本及び海外で、加圧(KAATSU)トレーニングに利用される器具の製造及び加圧(KAATSU)トレーニングの方法に関する数多くの登録特許を有しておりますが、出願中の特許も多数保有しております。[詳細はこちら]
したがって、当グループに無断で、当グループが特許権を有する器具を複製、製造したり、また、加圧(KAATSU)トレーニングの方法を実施したりすることは、当グループの特許権を侵害する違法な行為となりますので、くれぐれも行わないで下さい。
著作権
当グループが執筆、制作した加圧(KAATSU)トレーニングに関する書籍、記事及び文献等の文書並びに広告媒体物その他一切の表現物は、当グループの著作物であり、当グループが著作権を保有しております。従って、当グループに無断で、当グループの著作物の全部又は一部を複製、改変、翻案、又は引用する等して利用することは、当グループの著作権を侵害する違法な行為となりますので、くれぐれも行わないで下さい。当グループが著作権を保有する著作物の全部又は一部の使用を希望する方は、KAATSU JAPAN株式会社までご連絡頂き、当グループの許諾を得て下さい。
商標権
当グループは、加圧(KAATSU)トレーニングに関して、日本及び海外で、以下のロゴを含む多数の登録商標を保有しております。[詳細はこちら]
従って、当グループに無断で、当グループの商標と同一又は類似の商標を、当グループの指定商品及び指定役務と同一又は類似する商品又は役務において使用することは、当グループの商標権を侵害する違法な行為となりますので、くれぐれも行わないで下さい。
不正競争防止法
当グループは、長年に亘り、「加圧(KAATSU)トレーニング」という表示を当グループの商品等表示として使用してきました。そのため、これらの表示は、当グループの商品等表示として、需要者の間では、周知、著名なものとなっております。従って、当グループに無断で、第三者がその商品等表示を示すものとして、当グループの商品等表示と同一又は類似の表示を使用することは、不正競争防止法上、不正競争行為として禁止されております。
また、当グループは、昨今、加圧(KAATSU)トレーニングと酷似したサービスを提供している事業者の存在を把握しておりますが、このようなサービスの提供に当たり、当グループの商品等表示と同一又は類似の表示を用いる等の方法により、実際のサービスよりも優れたものであるかのような表示をすることも、同法上不正競争行為として禁止されておりますので、ご留意下さい。
肖像権、パブリシティ権
佐藤先生は、その氏名及び肖像(肖像画、肖像写真等を問いません。)について、肖像権及びパブリシティ権を有しております。従って、佐藤先生の許諾なく、佐藤先生の氏名又は肖像を利用することは、佐藤先生の肖像権又はパブリシティ権を侵害する違法な行為となりますので、くれぐれも行わないで下さい。
ライセンス契約終了後の権利侵害
加圧(KAATSU)トレーナー等、過去に当グループから正式に認定され、当グループから上記の各種権利の利用について許諾を受け、当グループとの間でライセンス契約を締結した者であっても、ライセンス契約の終了後は、当該終了の理由を問わず、上記の権利を行使することが一切できなくなります。
従って、一度、ライセンス契約が終了した後、改めて、上記の権利の行使を希望する方は、当グループにその旨申し出て、当グループとの間で新たなライセンス契約を締結し直す必要がありますので、ご留意下さい。また、ライセンス契約終了後は、上記の権利行使ができないばかりでなく、加圧(KAATSU)トレーナー等の名称使用も禁止されておりますので、併せてご留意下さい。
商品開発の禁止
加圧(KAATSU)トレーニングに関連する又は想起させる商品の開発は、KAATSU JAPAN株式会社の事前の承諾が必要となり、従って、当グループに無断で、当該商品の開発を行なってはなりません。
資格剥奪
上記の禁止行為が行われた場合、当グループは、当該行為を行なった者の有する加圧(KAATSU)トレーニングに関する資格の全部又は一部を剥奪する等の措置を採ることができます。

ページの先頭へ▲

特許と商標登録のご説明

特許について

日本特許取得

特許番号
特許第5255722号
発明者
佐藤義昭
有効期限
平成44年9月28日
血管トレーニングに係る新たな特許

本件特許は、佐藤義昭の長年にわたる試行錯誤により生み出された画期的な発明に対してなされたものであり、使用者の四肢の付け根にベルトを巻き付けて、加圧と除圧を繰り返すことにより、使用者の血管の血管内皮細胞から生成される一酸化窒素を増加させ、もって血管を強化する方法等を提供するものであります。

日本特許取得

特許番号
特許第2670421号
発明者
佐藤義昭
世界で初めて

加圧トレーニング (血流制限下での筋力トレーニング)方法に平成9年6月、日本国特許庁から 自然法則を利用した技術的思想の高度な発明として、それを保護・奨励する特許が下りました。
この種の特許が付与(認可)されることは非常に希有であり、トレーニング界ではきわめて異例の快挙として、 関係者から絶大なる賛辞を頂いております。
この特許付与(認可)により、加圧トレーニングの理論は 特許権により保護され、筋肉への血流を制限した状態でのトレーニング方法は、発明者:佐藤義昭に特許使用の申請をし、 許諾を受けなければなりません。これは、加圧トレーニングを正しく安全に世の中に広めるためです。

欧州特許取得

EPC特許出願番号
94306403.0
発明者
佐藤義昭
世界的規模に飛躍

EPC欧州特許庁より、欧州4カ国(イギリス,ドイツ,フランス,イタリア)での特許も付与されました。
欧州4カ国で特許が取得できたということは、加圧トレーニング法が科学的研究を基盤とした画期的な世界に通用する 運動療法であるという証明であり、世界中の人々の健康・体力づくり、リハビリなどに役立てて頂ける大きな第一歩であると考えております。

米国特許取得

米国特許番号
特許第6149618
発明者
佐藤義昭
加圧トレーニング法の米国特許付与(認可)

医学、スポーツ、フィットネスの各分野で世界最高水準のノウハウとマーケットを保有するアメリカでの特許使用権が与えられたことは、すなわち加圧トレーニングが既存のどんなトレーニング法にも勝るとも劣らない、画期的なものであることの証明であります。

器具特許番号 : 日本国特許第3447701号 第3447701号 第2796277号 第2796277号など多数に及ぶ。

ページの先頭へ▲

商標登録について

以下の商標(一部抜粋)はKAATSU JAPAN株式会社の登録商標です。

  • KAATSU TRAINING ロゴマーク
  • KAATSU
  • KAATSU AQUA
  • KAATSU TRAINING
  • KAATSUウェルエイジング
  • 加圧インストラクター
  • 加圧ウォーキング
  • 加圧ウォーク
  • 加圧カラテ
  • 加圧ゴルフ
  • 加圧サイクル
  • 加圧ダイエット
  • 加圧ダンス
  • 加圧トレーナー
  • 加圧トレーニング
  • 加圧ビューティ
  • 加圧ブートキャンプ
  • 加圧プラス
  • 加圧ポージング
  • 加圧マスター
  • 加圧リハビリ
  • 筋力アップクン
  • カアツビクス
  • キッズ加圧カラテ
  • ビューティ加圧

ページの先頭へ▲