掲載日:2014/01/17

イベント等の情報

一般社団法人日本加圧医療学会
設立記念シンポジウム

  • イベント
  • 東京
2014
216

 SUN.

 
2月14日、関東地方は雪が降っておりますが、本シンポジウムは予定どおり開催いたします。
はじめに
先の第9回日本加圧トレーニング学会総会でも告知されたように、日本加圧医療学会が設立されることになりました。 学会設立を記念して、シンポジウムが開催されます。
学会設立の趣旨
加圧トレーニングRとは、発明者佐藤義昭によって編み出された、四肢の基部に専用のベルトを装着し、適切に血流を制限した状態で行うトレーニング法であり、筋力増強効果のみならず、様々な医学的効果が報告されています。
世界でも例のない超高齢化社会を迎える日本において、医療現場における加圧トレーニング®によるリハビリテーション(加圧リハビリ®)の重要性は、日に日に高まりつつあります。単なるリハビリにとどまらず、新たな治療手段として、大きな期待が寄せられています。
このような状況を踏まえ、医療に特化した加圧の研究、普及、技術向上を目指すため、一般社団法人日本加圧医療学会を設立する運びとなりました。
参加資格
学会の入会資格は、医師、看護師、理学療法士、作業療法士、言語療法士に限定されますが、今回のシンポジウムは一般の人も参加可能です。
開催日時
2014年2月16日(日)10:00~
開催場所
東京大学本郷キャンパス内伊藤謝恩ホール(地図
プログラム
9:30 受付開始
10:00 会長挨拶
10:05 学会長講演 佐藤 義昭
「『KAATSU Rehabilitation of an Olympian and World Champion』
~No KAATSU ... No Olympics~」
10:40 東京大学 中島 敏明
「サルコペニア治療における加圧リハビリの可能性について」
11:10~11:20 休憩
11:20 昭和大学 平泉 裕
「高齢者運動器疾患に対する加圧トレーニング医療の可能性について」
12:00 ~13:00 昼食休憩
13:00 関西医科大学 木村 穣
「動脈硬化対策としての加圧トレーニング医療」
13:35 みらいクリニック 今井 一彰
「メタボ対策としての加圧トレーニング」
14:10 ~14:20 休憩
14:20 東京大学/岡本石井病院 森田 敏宏
「全国初の本格的加圧リハビリセンターにおける臨床経験」
14:50 閉会の辞 学会長 佐藤 義昭
15:30~ 懇親会
参加費
5,000円(参加費は当日お支払いください。)
参加申込方法
事前参加申込は受付終了しました。
(当日参加も受付けますが、入場に時間がかかる場合があることをご了承ください。)
付与単位
加圧トレーニングインストラクター資格更新単位 理論5単位
報道・取材について
報道・取材をご希望の際は、事前に設立準備事務局にご連絡ください。
本件に関する
お問合せ先
一般社団法人日本加圧医療学会設立準備事務局
EMAIL maf-kaatsumed-soc@mynavi.jp

ページの先頭へ▲